病棟

糖尿病の症状に当てはまるのであれば内科に行こう

血糖値は食事で改善できる

看護師

ゆるやかな上昇を心がける

糖尿病は生活習慣病の一つで、体質的な問題がある場合もありますが最もな原因は食事にあるといわれています。糖尿病の症状を軽減させるためには、血糖値の急激な上昇を避ける食事が大切です。血糖値は空腹時に糖質の高いものを摂取したり・早食い・塩分の摂り過ぎなどで上がります。食事をする時は血糖値の上昇率が低い食べ物から食べて、最後の方に糖質類を食べるようにすると血糖値はゆるやかに上昇するので体への負担は減ります。上昇率が低い食べ物は、食物繊維が豊富な野菜類・キノコ類・海藻類などです。タンパク質やイソフラボンが豊富な大豆も血糖値が急上昇しにくいのでオススメです。糖質や塩分の他に脂質にも気を付ける必要があるので、肉の代わりに大豆を活用するとヘルシーでおいしく頂けます。

起きる異変は人それぞれ

糖尿病が疑われる症状には、尿意が頻繁・体重が減る・すぐに疲れる・水分量が足りていても口が渇くなどあります。これらは初期症状で多い症状といわれており、気付かれない場合もあるそうです。糖尿病がある程度進行している場合は初期の症状に加えて、むくみ・末端の冷え・食欲過多・傷がなかなか治らない・めまい・便秘や下痢が長期的に起きるなどあります。危険な症状としては、皮膚の壊死・急に視力が低下した・足裏の麻痺などです。皮膚の壊死は進行すると切断に至り、視力は回復が困難になることがあるとされます。糖尿病の症状は個人差があります。気になるけど放置しやすい症状が多いので、当てはまる項目があったら念のために検査を受けてみると良いと思います。

Recommended Links

  • その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

    糖尿病の原因や症状を理解することで、よりスムーズに治療を進めていくことが出来るようになりますよ。症状が悪化する前にこちらをチェック!

高齢者でも安心

男性

脳動静脈奇形は胎児のときに発症する先天性疾患です。自覚症状はほとんどありません。治療方法としては開頭手術とカテーテルによる遮断手術があります。後者の方が前者よりも身体への負担が少なく高齢者でも受けることができます。

View Detail

ポピュラーな腫瘍

女性

髄膜腫は脳にできる脳腫瘍の一つです。ただし、ほとんどが寮生ですし、脳の外側にできる腫瘍なので、うまく手術できれば脳を全く傷つけずに摘出できます。予防法は今のところないですが、定期検診がとても有効です。また、長い期間頭痛や吐き気が続く場合は髄膜腫の恐れがあるので放置せずに診察を受けましょう。

View Detail

医療機関での検査の違い

医者

自律神経失調症と似ている精神障害との判断は区別が難しく、正しい診断を行うための検査を受けることで、適切な治療を進めることができます。自覚症状がない場合にも検査で機能異常の有無を調べることができるため、病気の見逃しが少ない魅力があります。

View Detail